採用戦略とは、自社が必要としている
優秀な人材を獲得するための経営戦略の一つです

会社の成長、事業の成功に欠かせない人材の獲得、人材採用。
私たちは、この課題に真っすぐに向き合っていきたいと考えています。

「いい人材が採用できない」「人がすぐに辞めてしまう」「採用コストを下げたい」「これまで通りの募集の仕方を変えたいけど、何をすれば良いのかわからない」など、「採用できない…」「何をすれば良いのか…」と悩んでいる企業様は少なくありません。弊社ウェブサイは、その悩みや困り事を皆様と一緒に解決していきます。

ウェブサイご提案の採用戦略

  1. 採用計画を立てる
    実際に採用活動を進めていくにあたり、採用戦略を立てる必要があります。突発的な採用以外、人材採用は会社の成長段階、事業展開、事業計画をもとに、どの部署に、どんな能力を持った人材が何人必要かを計画します。
  2. 情報をまとめる
    獲得したい人材に「この会社で働きたい」「この会社で活躍できそうだ」と感じてもらえるよう、経営者をはじめ担当部署の責任者、人事担当者と共に話し合います。
    業界内や競合企業を意識して、「自社のアピールポイント(強み)」「求める人材」「会社の雰囲気」など情報をまとめておく必要があります。
    ※キャリア(中途)採用での獲得したい人材について、獲得したい人材の考え方・行動(属性)、価値観など、仮設を立ててより現実的な人物像(ペルソナ)を明確にしておきます。
  3. 手法を選択する
    自社採用情報を公開していくにあたり、これまでの採用手法として用いられてきた就職情報サイト、自社サイト、Web広告、求人誌などがあります。
    ここ数年で利用する企業が増えてきた「自社採用情報に特化したホームぺージ」、職種や勤務地等のキーワードで検索する「求人検索エンジン」。時代にマッチしており採用効率が良く、採用コストの削減を実現しています。
    採用後の育成計画も併せて立案することで、より効果的な採用計画に活かすことが可能です。

採用手法についてのご紹介

“欲しい人材”と長く働く、企業の“先”を考えた戦略

採用戦略は企業にとって、とても重要な要因の一つです。新卒採用・キャリア(中途)採用をはじめ、どんな条件下でも効果的で満足のいく採用戦略を一緒に考えサポートしていきます。一度ご相談下さい。