GoogleDriveについて|定期更新コラム

2015/08/04

ホームページ制作およびHPコンテンツ作成を愛知を中心におこなっております
㈱ダブルダブルジーから定期更新コラムの更新です。こんにちは。


前回はLINE(ライン)で画像をやりとりする時の注意点について
お話ししました。
知らずしらずのうちに画像が圧縮されていたことには驚きました。

そしてせっかくキレイに撮れた写真を台無しにしない為にも、最後に
いくつかの便利なウェブサービスを紹介させてもらいました。

さて、今回はそのうちの一つの『GoogleDrive(グーグルドライブ)』
についてお話していきたいと思います。


まずGoogleDrive(グーグルドライブ)とは、Gmail 等でよく知られている
Google Appsのひとつで、Googleによるオンラインストレージサービスの
ことです。
オンラインストレージというのは色々なファイルやデータをウェブ上に預けて
保管をしておくことのできるサービスです。

GoogleDriveでは、15GBまでの写真や文章、
デザインデータ、音楽や動画など、
何でも保管しておくことができます。

またGoogleDriveに個人のスマートフォンや
タブレット、オフィスのパソコン等
どれからでもアクセスできるので、どこにいても
ファイルを使用できます。


さらにGoogleDriveでは、メールでは送ることができないような大容量のファイル
も複数のユーザー間で共有したり、一つのデータを仲間で編集することができます。

サークルでの写真、友人の結婚式の動画、会社で必要な文書などなど、多くの
データを大勢の人と簡単に送りあうことが可能になります。


でもウェブ上に思い出の写真や仕事で使うデータを預けておくのはちょっと…
と心配になる方もいるかもしれませんね。
GoogleDriveは、既に多く普及されているGmail と同じセキュリティプロトコル、
SSL で暗号化されているので、セキュリティ面でも信頼が高い方です。

ただ、完全に信頼はできないので、その点は考慮しながら使うのが良いです。




便利なGoogleDriveにも注意すべき点があります。


まず、公共の PC などでは絶対に使用し ないこと。

また、著作権のあるデータの共有や個人情報の取り扱いなど
これまでも留意しなければいけなかったものはGoogleDriveに
おいても同じです。


他にも友人など誰かと共有する場合に、手っ取り早いからといって、
ファイルのURLをFacebookやTwitterなどのSNSに載せてしまったら
どうでしょう?
SNSに載せてしまったURLは誰でも見ることが可能なので、あなたの
知らない誰かにも見られてしまうことがあるのです…。

個人が特定されてしまう情報や写真は、極力載せないのが良いです。


便利なサービスも一歩間違えるとトラブルの原因になりかねますので
注意して正しく利用しましょう。





少し注意事項に触れてしまいましたが、使い方次第ではビジネスにも大いに
役立つ機能も多々あります。

GoogleDriveの魅力的な機能の一つに、「文書やデータなどを一度に50人
までの同時編集ができる」という点があるのです。

さらにGoogle ドキュメント、スプレッドシート、スライドにはチャット
機能もあるので内容について意見を出し合いながら同一ファイルで作業
することできます。


チームメンバーが一度に同じ場所に集まることができなくても、それぞれが
オフィスや自宅、パソコンやスマートフォンと好きな場所からいつでもすぐに
データを共有・編集できるので、仕事の効率化に繋がるかもしれませんね。




いかがでしたか?
“GoogleDrive(グーグルドライブ)”

うまく使えば、非常に便利に使えそうですね


では、また来月もよろしくお願い致します。



ホームページやWebコンテンツの 制作 作成、
ホームページと連携したパンフレットの製作、企画
HP管理・更新代行等 活用をお手伝いする愛知の会社㈱ダブルダブルジー
定期更新コラム担当 : 遠藤