LINEと画像について|定期更新コラム

2015/07/10

ホームページ制作およびHPコンテンツ作成を愛知を中心におこなっております

ダブル・ダブル・ジーから定期更新コラムの更新です。こんにちは。

 

今回は、LINE(ライン)で画像をやりとりする時の注意点について。

 

近年、スマートフォンの性能がぐんと上がって、

誰でも簡単に高画質の写真を撮ることができるようになりましたね。

 

また、最近のデジカメには撮った写真をWi-Fiでスマホに転送できる機能が付いていたり、

その機能が付いていないデジカメでも、同様に転送できるSDカードが発売されたりと、

スマホで写真等のデータをやり取りする機会が何かと増えました。

 
201507102200_1.jpg


皆様は、そうやって友達や家族と撮った写真を、どうやって共有していますか?

年代にもよるかもしれませんが、ほとんどの方が今、「LINE」を想像したのではないでしょうか。

 

それもそのはず、

 

メッセージアプリである「LINE」の利用者数は右肩上がりで、

その数は全世界で既に5億人。日本人の4割以上の方がインストール済みだそうです。

いつからか、写真を撮ったら「LINEで送ってね~」が普通になりましたよね。

 
201507102200_2-150x0.jpg


しかし、ここに注意が必要なんです。

 

ここに、一枚の写真があります。

201507102200_3-300x0.jpg

 

この間、自分のiPhone(5s)で撮った、朝焼けの写真。

我ながらとてもキレイに取れたと思ったので、早速LINEで友達に送りました。

 
 

自分のiPhoneに入っているこの画像の詳細を調べると、

 
201507102200_4.jpg




続いて、友達にLINEで送った画像の詳細と見比べると、なんと!

201507102200_5.jpg

 

 

色々な詳細情報が無くなっているのは良しとして、

画像の大きさ:3264×2448 → 1280×960 = 約3分の1 ・・・・・・・・・・・・・。

画像のサイズ:1.65MB → 166KB = 約10分の1 ・・・・・・・・・・・・・。


こんなに圧縮されていたんですね!正直これには驚きでした。

 

もし、このデータをプリントするともなれば、粗くなってしまって

せっかくキレイに撮れた朝焼けが台無しになりかねません。

 

スマホで見る分には気にならないのでOKですが、

やはりオリジナルと比べると画質が劣っているのがわかりますし、

印刷には確実に不向きです。

 
 

よりたくさんの人が快適にLINEを利用できるように、

写真などのデータは自動的に圧縮されるようになっているんですね。

無料アプリなので、文句は言えません。

 
 

では、どうすればいいのか。

 

一番簡単なのは、「お気に入りの写真はメールでもらうこと」です。

送る側は少し手間ですが、そこは目をつぶってもらいましょう。

 

たくさん枚数がある場合は、PCが必要ですがFirestorageや

ギガファイル便といったファイルストレージサービスを活用しましょう。

 

仲良しメンバーの場合は、みんなで一つのDropBoxや

GoogleDriveを共有するのが一番いいかもしれませんね。

 

とても便利なツールであり、みんなが使っているLINEですが、

質のいい写真が必要な時には、使わない方が懸命な判断だといえます。




 

LINEの設定やデータの共有についても、

弊社にお気軽にご相談下さい。

 

ホームページやWebコンテンツの 制作 作成、

ホームページと連携したパンフレットの製作、企画

HP管理・更新代行等 活用をお手伝いする愛知の会社ダブル・ダブル・ジー

定期更新コラム担当 : 鈴木