10月のコラム|サーバーとドメインについて

2014/10/10

ホームページ制作およびHPコンテンツ作成を愛知を中心におこなっております
ダブル・ダブル・ジーから定期更新コラムの更新です。こんにちは。
 
 
今回のテーマは、少し基礎的なことに戻って、
 
“サーバーとドメインについて” のお話をしていこうと思います。


ホームページとは、どうやって公開されているのか?
これを説明するのに不可欠になってくるものが、


“サーバー”と“ドメイン” この二つの言葉です。

もし、あなたが既に一つでも公開されたホームページを持っているのであれば、
あなたは、“サーバー”“ドメイン”この両方を取得していることになります。
 

聞いたことはあっても、それが何なのか、この二つの違いとは?
いまさら聞けないこれらをお伝え致します。



ホームページを公開するには、まず、“サーバー”というものが必要です。

これは、「ホームページの家」というイメージです。

ホームページの元はHTMLというソースで作られたデータです。
これを作っただけですと、そのパソコンでしか閲覧する事ができません。

201410101544_1-300x0.jpg

この作ったデータを、インターネットに繋がった、
“サーバー” に入れる(これを「アップロード」又は「アップ」するといいます。)
ことにより、初めて他の人からも見ることができるようになり、
ようやく世界中に公開されたことになります。
 

そして、“サーバー”=「ホームページの家」には、様々な品質や種類があります。


大人数が一緒に住めるような、大きくて、かつ頑丈な一軒家を借りようとすると、
それなりに家賃がかかってしまいますよね。
また、家が災害やトラブルにあったら、自分で何とかしなくてはなりません。


逆に、マンションやアパートなどの集合住宅は、メンテナンスは大家さんや
管理会社さん任せでOK。家賃もそこそこ安いけれど、
隣近所などに気を配る必要がありますし、もちろん住める人数も制限されてきます。
 

一旦、ここで説明しているものを、

家賃は、「サーバーレンタル料金」、
部屋の広さ(収容人数)は、「ホームページのページ数やデータ容量」、
一軒家は、「専門サーバー」、
マンション・アパート(集合住宅)は、「共有サーバー」、
災害は、「コンピューターウイルスやサイバー攻撃他」、
トラブルは、「インターネット接続トラブル・不具合」、

・・・と置き換えて頂くと、分かりやすいかと思います。

201410101544_2-300x0.jpg

一方“ドメイン”について、

“サーバー”を「ホームページの家」と捉えるのであれば、これに対して
“ドメイン”とは、「ホームページの住所」にあたります。


例えば、今ご覧頂いている、私達WWGのホームページは、
「web-wwc.com」という“ドメイン”を取得しています。

「http://web-wwc.com/」とインターネットで検索して頂くと、迷わず私達の
ホームページに辿り着くことができるはずです。


これを分かりやすく・覚えやすいものにする事で、人の記憶に残りやすいものに
することができます。



つまり、

「ホームページの家」である“サーバー”と、

「ホームページの住所」にあたる“ドメイン”

この二つが揃ってやっと、
ホームページを世界中に公開することができる、ということになります。

201410101544_3-300x0.jpg

いかがでしょうか。
この情報が、今さら聞けないキーワードとして、
少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。


それでは、また来月もよろしくお願い致します。



ホームページやWebコンテンツの 制作 作成、
ホームページと連携したパンフレットの製作、企画
HP管理・更新代行等 活用をお手伝いする愛知の会社ダブル・ダブル・ジー
月別ニュース更新担当 : 鈴木