7月ニュース|七夕について

2012/07/10

ホームページ作成を愛知を中心におこなっておりますWWCから
月別ニュース更新です。こんにちは。


7月(文月)といえば、やはり七夕ですね。
七夕の行事は奈良時代に中国から伝わったとの事。

新暦ではなかなか見えない日も多いのですね。
それもそのはず。統計では、今の月である新暦では、晴れる確率は
約26%。
かなり低い確率で、なおかつ晴れていても月明かりの影響によって
天の川が見えない年もあるとの事。


昔の暦である旧暦(8/18以降)では、晴れる確率は約53%。
必ず見えるわけではないが、旧暦の7/7は、月が地平線に沈む時間が
早く、月明かりの影響を受けにくい。
そのため、天の川が見える確率は旧暦の七夕の方がかなり高い。

201207100330_3.jpg



それにしても、旧暦と新暦をなぜ変えたのか?
日本が太陰暦から西暦に移行したのは1873年、明治6年のこと。

しかも、その理由は「財政」つまり「お金」からみ。
そのせいで、1ヶ月と少し程度、月が移行。

201207100330_4.jpg

織姫と彦星が日本で会えないお話になったのは、明治政府のせいと
言う事なんです。

ちなみに、
七夕は、日本、台湾、中国、韓国、ベトナムなどにおける節供、節日の一つ。
お盆行事の一環でもあり、精霊棚とその幡を安置するのが7日の夕方である
ことから7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と発音するようになったとの事。
(Wikipedia参照)

多くの地域では新暦の7/7は梅雨なので、なかなか見ることができないのです。


ちなみに、旧暦7/7は、2012年の8月24日に該当します。
本当の天の川は、この日に見てみて下さい。



お客様先での少しでも話のネタになればと思います。
これからも、いろいろな情報を更新していきます。


ホームページ制作、管理・更新代行等 活用をお手伝いする 愛知の会社WWC
月別ニュース更新担当 : 鈴木