SNSで炎上しないためには

2018/11/05

ホームページ作成 および HPコンテンツ制作を愛知を中心に行っております
ダブル・ダブル・ジーの定期更新コラムです、こんにちは。


今回のテーマは
「SNSで炎上しないためには」です。

 




インターネットが普及しきった昨今、ホームぺージだけではなくSNSも
展開しているという企業は多いです。

中でもTwitterは140字で気軽に投稿できるため、一般人から芸能人、
企業、公的機関まで多くの人に利用されています。
Twitterの中の人が人気になるケースもあり、うまく活用すれば自社に
とって大きなプラスを得ることができます。


しかし、その一方で怖いのが「炎上」です。
Twitterが普及するにつれ、問題投稿とそれに対する批判(炎上)騒動は
後を絶ちません。

アルバイト先の冷凍庫に入って写真を撮ったり、過激な差別的発言を
してしまったり・・・そのあまりの炎上の多さに、一時期は「バカッター」
なんてネットスラングも流行ったほどでした。

もし企業アカウントが炎上すれば売り上げや信用に影響し、その損失は
計り知れません。

 



では、炎上を避けるためにはどうすればよいのでしょうか?


まず第一に、炎上しやすい話題にはなるべく触れないことです。
例えば、
政治や宗教、ジェンダー関連(性差別など)などはデリケートな問題を含んでいるため、
こちらに差別的な意図がまったくなかったとしても、配慮に欠ける部分があれば炎上に
繋がるリスクが高くなるので、できる限り避けた方が賢明です。



次に、投稿前のチェックを複数人で行うことです。
過去の炎上事例を見ていても、投稿する前に問題だと気付く人はいなかったのか?と
疑問に思うことがあります。
複数人で投稿内容を確認し、内容に配慮に欠ける部分はないか、企業のツイートとして
ふさわしいものになっているかをチェックすることで軽はずみな投稿を防ぐことができます。



そしてもう一つ重要なのが、従業員の指導をしっかりすることです。
従業員がモラルに反するツイートをしそれが炎上、勤務先を特定され企業も炎上、
というのも多いパターンです。
日頃からアルバイトを含むすべての従業員にネットリテラシーを学ばせ、たとえ
プライベートでも不適切なツイートはしないよう指導していく必要があります。







Twitterは特に拡散力が強いので、一度炎上が起こってしまうと鎮静化させるには
高度な対応が求められます。

ここの対応を誤れば、それこそ取り返しのつかないダメージを負うことになります。
そうならないためにも、その前段階、炎上をさせない対策をしっかり取る必要があります。
気軽に投稿できるのがTwitterのメリットでもありますが、その投稿は世界中と
繋がっているということを忘れず、うまくSNSを活用していきましょう(^^)




ホームページの 制作や 作成、管理・更新代行等
Web活用およびコンテンツ活用をお手伝いする愛知の会社
※HPと連携したパンフレット製作、企画などもお手伝いしております。
気軽にコチラ( TEL 052-485-6846 )までお問合せください。


(株)ダブルダブルジー
名古屋市中村区名駅5-16-17 花車ビル南館5F
【TEL】 052-485-6846
〔受付時間〕9:00~18:00(土・日・祝を除く平日)

定期更新コラム担当 : 松山