ホームページで読みやすい文字数とは|ホームページ作成

2017/07/11

ホームページ作成 および HPコンテンツ制作を愛知を中心におこなっております
ダブル・ダブル・ジーの定期更新コラムです。

201707111159_3.jpg
ホームページの作成だけでなく、新着情報や記事の作成時にも共通して
言えるのですが、人には読みやすい文字と読みにくい文字があります。


少し言い換えると、
1行辺りの文字数、文字の間隔、文字の行間、これらが見やすいものと
見にくいものがあります。

まず、文字の大きさですが、
レイアウトやお洒落感を出す場合、少し小さめの文字で書かれているのが
多いかと思います。逆に、ニュースや読み物系の場合は、少し大きめの文字で
書かれていることがおおいのではないでしょうか。
※文字左図としては、上が14px、下が16px が多いですね。

201707111159_1-465x314.jpg

また、文字の行間ですが、
見やすい文字の行間は、半分くらいの大きさが見やすいかと思います。
ここも、あまり空けすぎると文字がいたずらに多くなってしまい、下の方が長くなって
しまいます。
逆に文字の少ないサイトであれば行間は1文字くらい空いていた方が見やすそうです。


最後に、文字の間隔ですが、
文字もぎゅうぎゅうに詰まっているとみにくく感じます。文字間隔は0.8ptがちょうど
よいかとと思います。


ただ、忘れてはいけないのが改行。
この改行についても、しすぎていると間延びしてしまいますし、してないと読みづらい。
人が1行で読む際の見えやすい文字数は36~40文字程度だと思います。
また、行数も、3行前後の方が読み進めやすいと思います。

201705101919_5.png

最近では、スマホでの閲覧率が増え、それにより文字についても流し込みでの
設定がおおくなっています。
ただ、ホームページは情報を読むために訪問していますので、そのことを前提に文章や
記事、ページの作成をすすめられると良いかと存じます。


SEO対策に関しても、昔ほど文字数の多さは重要視されなくなってきました。
文の質と内容を重要視されています。
「文字数が多ければいい」から「適切な文字数でも大丈夫」になってきつつあります。

だからこそ、見やすさは大切だと考えています。
ホームページに折角訪れていただいたのであれば、ストレスなく情報収集して
それがお仕事に繋がれば、なお良いですよね。

201707111159_2.jpg
今回はホームページやブログなどの作成時に気をつけたい文字について考察して
みました。


(株)ダブル・ダブル・ジー
名古屋市中村区名駅5-16-17 花車ビル南館5F
【TEL】 052-485-6846
〔受付時間〕9:00~18:00(土・日・祝を除く平日)

定期更新コラム担当 : 相沢