品質インデックスについて

2016/11/05

ホームページ制作およびHPコンテンツ作成を愛知を中心におこなっております
ダブル・ダブル・ジーから定期更新コラムの更新です。こんにちは。


今回は、リスティング広告(PPC広告)を運用するにあたり、重要な指標のひとつ
品質インデックスについてご案内いたします。


品質インデックスとは、「自分の出している広告の評価 」です。
Googleのアドワーズ(AdWords)では品質スコアと呼び、YAHOOプロモーション広告
では品質インデックスと呼びます。

リスティング広告の掲載順位を決める要素の1つでもあり、クリック率や広告とキーワード
との関連性などよって決まります。


この品質インデックスが影響するところは2つ。

◆クリック単価に影響
品質スコアが高い程、安い入札額(広告掲載料)で掲載する事が可能になります。
例えば、
品質スコアがA社よりも高ければ、その広告の上位に表示されるために必要な入札価格は
A社より安くすみます。

◆掲載順位、ページ上位に表示される可能性に影響
品質スコアが高い程、掲載順位が上位に掲載される可能性が高まります。
キーワードの品質スコアが高い=訪問者に良い広告と認識されていますので、広告は検索
結果のページ上位に表示されやすくなるのです。


キーワードの品質は、主にそのキーワードがどのくらいクリックされているか、また、広告と
関連しているか、に基いて決定されます。

上記に述べました様に、品質が上がると、広告がより上位に掲載されやすくなり、他社より
安い費用でさらにクリックされるようになります。
そしてクリック数が上がりクリック率がよくなると、さらに品質が上がり…というように、成果に
つなげるための良いサイクルが出来上がるのです。


では、実際に品質インデックスは、どのような基準で評価されているのでしょうか?
高い品質インデックス=その広告が「良い広告」であるかどうか、です。
そして、
良い広告=「訪問者が求めている”情報”と関連性が高く、クリックして訪問したホームページが
ニーズにぴったり合う広告」と言えます。


そんな品質インデックスを上げるためのポイントは、
(1)広告文を見直す
(2)キーワードと広告の関連性を見直す
(3)問題キーワードを改善する
この3つが挙げられます。


1.広告文は、一度作ってそのままではクリック率はなかなか上がりません。
訴求ポイントを変えた広告を複数作って比較することが必要です。クリックされる広告を作ろる
ことが改善につながります。
そして、信頼性をイメージしやすい広告文はクリックがされやすくなります。このあたりが参考に
なるのでは無いでしょうか。


2.関連性を見直すポイントは、広告グループです。
広告グループは単純にキーワードを管理しやすくするためだけの存在ではなく、適切に設定
することで、クリック率の向上とキーワードの品質UP、掲載順位UPへと続きます。

広告文との関連性が低いキーワードを同じグループにいれておくと品質インデックスを下げる
要因になります。
幅広く狙うキーワードは、別の広告グループに分けて運用し、どのキーワードにも関連性が高い
広告が表示されるようにする必要があります。


3.問題キーワードの改善ですが、具体的には平均掲載順位を見ながら調整するのが良いです。
成績の良くない問題キーワードの見直しとして、入札価格を工夫するのが近道です。
「1ページ目上部掲載に必要な入札価格について」の項目が参考になります。


広告文には必ず検索キーワードを含め、除外キーワードを徹底して登録することも有効な手の
ひとつです。


リスティング広告は、
広告ランク = 入札価格 × 品質インデックス で算出されます。
少なくとも品質インデックスは、「6」を下回らないようにし、「7」以上を目指すのが最適だと
考えています。


効率よいリスティング広告(=PPC広告)で、効率的な集客を実現しましょう。
制作したホームページを放置しておくのは勿体無いですからね・・・
ネット広告の活用企画およびサポートは、当社でももちろん対応が可能ですので、
気軽にコチラ( TEL 052-485-6846 )までお問合せください。


ホームページの 制作や 作成、管理・更新代行等
Web活用およびコンテンツ活用をお手伝いする愛知の会社
※HPと連携したパンフレット製作、企画などもお手伝いしております。


(株)ダブルダブルジー
名古屋市中村区名駅5-16-17 花車ビル南館5F
【TEL】 052-485-6846
〔受付時間〕9:00~18:00(土・日・祝を除く平日)

定期更新コラム担当 : 相沢